事例
メルセデス・ベンツ日本

地域ごとの風景を「あなた」へ

新聞
【掲載日】2018年01月05日 【媒体】日経朝刊 【段数】全15段
地域ごとの風景を「あなた」へ

メルセデス・ベンツ日本は年頭の紙面で、メタリックに輝く電気自動車(EV)のコンセプトカー「EQA」を中心に据えた全面広告を掲載した。

同日に5パターン、地域ごとに異なるビジュアルを展開。背景はそれぞれの地域を象徴する風景を掲げ、「あなた」が住む場所を感じてもらった。コピーでは「日本を生きるあなたへ」と語りかける。メルセデスを「日本の消費者に身近に感じてもらう」(マーケティング・コミュニケーション部禰冝田〔ねぎた〕謙一部長)ための工夫を凝らした。

 
日本経済新聞に掲載したのは「読者がビジネスパーソン中心で、当社のターゲットとぴったり重なる。5年連続でプレミアムブランド販売台数1位を達成できた感謝と『今年も最高のサービスを提供する』との思いを、新年に活字媒体で正確に届ける」(禰冝田氏)ためだ。

掲載後、同ビジュアルのポスターを飾って、来客者と商談の糸口にする販売店もあった。QRコードでのウェブサイトへのアクセス数が予想を上回るなど、広告の効果を実感した。

今後は、「メルセデスで広がるライフスタイル」の提案も考えている。

altテキスト
「ad plus   ~広告の視点~」では、日本経済新聞に掲載された注目の広告を、その狙いや目的、反響などとともに紹介しています。

このサイトではCookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。
データ収集の設定詳細は「」のリンクからご確認ください。

> 同意して閉じる