事例
パシフィックコンサルタンツ

建設コンサルの面白さ訴求

新聞
【掲載日】2019年03月13日 【媒体】日経朝刊 【段数】全15段
建設コンサルの面白さ訴求

建設コンサルタント大手のパシフィックコンサルタンツは3月、日本経済新聞に対談企画「未来を描くって、最高だ!」を2週連続で掲載した。狙いは企業認知度向上と採用対策だ。ビジネスパーソンや就活生、特に土木系学科を専攻していない学生にも広く知ってもらうため、「ターゲット層に確実に届く日経を選んだ」と油谷百百子広報室長は語る。

インタビュアーには若い世代に人気のモデルの貴島明日香さんを起用。初回は空港、2回目はまちづくりと、土木分野の中でも日常生活でなじみのあるテーマで2人の中堅社員と対談した。建設コンサルの仕事が多岐にわたること、面白さや醍醐味を語り合った。「読者の目に留まるよう、向き合う2人の顔写真やメインコピーを大きく配置。顔の向きなど細部までこだわって制作した」(油谷氏)。

掲載後、同社ウェブサイトへのアクセス数は約2倍に増加。中途採用の面接時に話題に上ったり、取引先から連絡がきたりと、好意的な反響が相次いだ。社員のモチベーションアップにもつながったという。

altテキスト
「ad plus ~広告の視点~」では、日本経済新聞に掲載された注目の広告を、その狙いや目的、反響などとともに紹介しています。

このサイトではCookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。
データ収集の設定詳細は「」のリンクからご確認ください。

> 同意して閉じる