事例
雪印メグミルク

「トクホになった」ニュース伝える

新聞
【掲載日】2018年04月11日 【媒体】日経朝刊 【段数】全15段
「トクホになった」ニュース伝える

紙面上部に「日本のために、特定保健用食品になりました。」と堂々としたキャッチコピー。中央には東京都心と富士山を背景に大きな商品パッケージ――。雪印メグミルク「恵 megumi ガセリ菌SP株ヨーグルト」のリニューアル発売広告だ。

同製品は今春、「内臓脂肪を減らすのを助ける」効果が認められ、特定保健用食品(トクホ)になった。「ニュースとして伝えるため新聞掲載を決めた。なかでも日本経済新聞は、メインターゲットの一つであるビジネスパーソンに向けて不可欠なメディアである」とマーケティング部マーケティングG課長の小林紀元氏は語る。キャッチコピーには「今を生きる人々の健康課題を克服するための商品」と思いを込めた。新しい時代の到来を感じてもらうため、ビル群に朝日が差し込んだようなビジュアルにもこだわった。

掲載後の同社調査によると、読者の好感度や購入意向が軒並み上がるなどポジティブな反応が目立った。社員からも「これまでにないクリエーティブ」と好評で、営業の士気も上がったという。今後もブランド力アップに継続して取り組む考えだ。

altテキスト
「ad plus   ~広告の視点~」では、日本経済新聞に掲載された注目の広告を、その狙いや目的、反響などとともに紹介しています。

このサイトではCookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。
データ収集の設定詳細は「」のリンクからご確認ください。

> 同意して閉じる