事例
カプコン

ゲームづくりへの思い訴求

新聞
【掲載日】2018年06月10日 【媒体】日経朝刊 【段数】全15段
ゲームづくりへの思い訴求

カプコンが6月10日、創業35周年記念の企業広告を日本経済新聞に掲載した。

掲載の狙いは、同社の姿を広くビジネス層に知ってもらうこと。①世界で人気の高いゲームコンテンツを多数保有している②グローバル企業として事業展開している③ゲームの創出を通じて「遊文化」を生み出し、心豊かな社会づくりに貢献する̶̶の3点だ。ビジネスパーソンと個人株主が主な訴求対象のため、「経済や産業報道が充実している日経を選んだ」(同社担当者)という。

キャッチコピーの「大阪から世界へ。」には、創業者の辻本憲三会長CEOの「地元大阪から世界で戦える面白いゲームをつくる」との思いを込めた。メーンビジュアルには世界中で人気コンテンツの「ストリートファイター」「バイオハザード」「モンスターハンター」を並べ、ゲームをしない人にもその世界観が一目で伝わるよう工夫した。

掲載後、「すばらしい作品をありがとう」「35周年おめでとう」など好意的な反響が相次いだ。

altテキスト
「ad plus   ~広告の視点~」では、日本経済新聞に掲載された注目の広告を、その狙いや目的、反響などとともに紹介しています。

このサイトではCookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。
データ収集の設定詳細は「」のリンクからご確認ください。

> 同意して閉じる