事例
コマツ

第68回(2019年度)日経広告賞 大賞受賞広告

新聞
【掲載日】2019年06月17日 【媒体】日経朝刊 【段数】全30段
第68回(2019年度)日経広告賞 大賞受賞広告
  • コーポレートコミュニケーション部長 渡辺 晃利 氏

1995年から24年続く、「生の現場を報道するように伝える」企業広告シリーズ。現場で機械が稼働する様子を通じて、コマツの企業姿勢や技術革新への取り組みを紹介している。今回はドイツの高速道路「アウトバーン」の建設現場から、動物との共生や環境技術の在り方を問う内容。「企業活動をアートと融合して美しく表現した」と高く評価された。

ヨーロッパの広大な森林風景の写真と「人間の道をつくるなら、動物の道もつくれ。」というキャッチコピーが目を引く。読ませるボディーコピーに加え、動画へ誘導するQRコードをあえて目立つ位置に掲載。ICT(情報通信技術)建機やドローンなどのデジタル技術を駆使して建設現場を効率化する「スマートコンストラクション」の工程と生態系保護のための「アニマルブリッジ(動物のための橋)」の意義をわかりやすく説明している。掲載後、「キャッチコピーに打たれた」など前向きな反響が数多く届いた。

大賞受賞に渡辺氏は、「グローバルなチームワークで作り上げた。社内外のスタッフに感謝したい」と語る。今後も広告スタイルの大枠は変えずに、現場の事実を発信し続けていくという。

altテキスト
「ad plus ~広告の視点~」では、日本経済新聞に掲載された注目の広告を、その狙いや目的、反響などとともに紹介しています。

このサイトではCookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。
データ収集の設定詳細は「」のリンクからご確認ください。

同意して閉じる