事例
明電舎

第68回(2019年度)日経広告賞 電機・通信・IT部門 最優秀賞受賞広告

新聞
【掲載日】2019年07月02日 【媒体】日経朝刊 【段数】全15段
第68回(2019年度)日経広告賞 電機・通信・IT部門 最優秀賞受賞広告
  • 営業企画グループ グループ長 小室 直人 氏

2017年度から継続中の「電気と暮らしのつながり」を伝えるシリーズ広告。「すっきりしたイラストで理念が伝わる」と評価された。一貫して込めるのは、同社グループの「人」への思い。「人と技術」のクオリティーで社会インフラ、そしてその先にある人々のかけがえのない暮らしを支えたいとの願いだ。19年度は具体的な事業にも焦点を当て、理解促進と使命感を訴求した。好意的な反響も届き、「今後もぶれることなくブランディング活動にまい進したい」(小室氏)という。

altテキスト
「ad plus ~広告の視点~」では、日本経済新聞に掲載された注目の広告を、その狙いや目的、反響などとともに紹介しています。

このサイトではCookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。
データ収集の設定詳細は「」のリンクからご確認ください。

同意して閉じる