事例
日本貨物鉄道(JR貨物)

第68回(2019年度)日経広告賞 自動車・運輸・輸送部門 最優秀賞受賞広告

新聞
【掲載日】2019年09月17日 【媒体】日経朝刊 【段数】全30段
第68回(2019年度)日経広告賞 自動車・運輸・輸送部門 最優秀賞受賞広告
  • 経営統括本部人事総務部 ブランディンググループ グループリーダー 東城 暢毅 氏

4月から掲げるJR貨物グループの新しい理念やブランドメッセージを注ぎ込んだ企業広告。「個性があり引き付ける」と評された。一般の人が普段目にすることのない駅構内をロケ地に選び、日ごろの姿をそのままライブ感を持って実直に見せた。掲載後の社内外の反響は予想以上。「この広告自体がブランドメッセージにうたう、挑戦と変革そのもの。当社グループが変わる姿、変わろうとしている姿勢を、本賞受賞によりさらに広く認知してもらえることがうれしい」(東城氏)

altテキスト
「ad plus ~広告の視点~」では、日本経済新聞に掲載された注目の広告を、その狙いや目的、反響などとともに紹介しています。

このサイトではCookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。
データ収集の設定詳細は「」のリンクからご確認ください。

同意して閉じる