事例
積水ハウス

第68回(2019年度)日経広告賞 建設・不動産部門 最優秀賞受賞広告

新聞
【掲載日】2019年01月14日 【媒体】日経朝刊 【段数】全15段
第68回(2019年度)日経広告賞 建設・不動産部門 最優秀賞受賞広告
  • 広告宣伝部長 朝田 修平 氏

2010年、創業50周年を機に作られた積水ハウスのコミュニケーションワード「家に帰れば、積水ハウス。」。以来、ボディーコピーの最後に入れ、幸せな家づくりに真摯に取り組む企業姿勢をシリーズ広告で示してきた。

受賞作品は、住む人全てに、「世界でいちばん幸福な場所」を約束する企業として、「生涯にわたり家族の幸せな暮らしと住まいを支えていく」(朝田氏)ことを表した。家族を取り巻く様々な出来事をテーマに、幸せなストーリーに仕立て、読者の共感を得た。

altテキスト
「ad plus ~広告の視点~」では、日本経済新聞に掲載された注目の広告を、その狙いや目的、反響などとともに紹介しています。

このサイトではCookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。
データ収集の設定詳細は「」のリンクからご確認ください。

同意して閉じる