事例
日経VR

バーチャルな世界でアートと触れ合う

新聞
【掲載日】2020年06月07日 【媒体】日本経済新聞 【段数】15段
バーチャルな世界でアートと触れ合う

 コロナ禍による緊急事態宣言期間中は多くの美術館、博物館が休館を余儀なくされました。せめてバーチャルな世界でアートと触れ合っていただきたいと、展示会場や作品を撮影し、「日経VR」(※)アプリ上に360度画像で再現しました。

 また、展示会、作品の紹介を動画で掲載し、アートとの触れ合いを楽しんでいただけるような工夫を施しました。展示会への訪問を待つ間に、日経VRを通して優れた作品と接する機会を楽しんでいただきたいと思います

 それぞれの美術館、博物館では、感染拡大防止対策に努め、再開の準備が進んでいます。まずは日経VRで作品に触れていただき、再開後はリアルな展示会へ実際に足を運んでの鑑賞を楽しまれてはいかがでしょうか。

(※)「日経VR」アプリは、本年4月にリリースした360度画像、360度動画で構成されるコンテンツを閲覧できるスマートフォンアプリです。

掲載美術館・博物館:
菊池寛実記念 智美術館、京都文化博物館、東洋文庫ミュージアム、東京藝術大学大学美術館、東京国立近代美術館、三菱一号館美術館、山種美術館、横浜美術館他

このサイトではCookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。
データ収集の設定詳細は「」のリンクからご確認ください。

同意して閉じる