事例
radiko

リスナー増 ストレートに表現

新聞
【掲載日】2020年05月22日 【媒体】日経朝刊 【段数】全15段
リスナー増 ストレートに表現
  • 取締役業務推進室長 坂谷 温 氏

新型コロナウイルスの影響で在宅時間が長くなった5月。スマートフォンやパソコンでラジオが聴けるサービスを提供するradiko(ラジコ、東京・中央)がブランドメッセージを発信した。

「ラジオを聴く人が増えている事実を伝えたかった」。坂谷氏は掲載の狙いをこう語る。3〜5月のラジコユーザーは2月比約20%増えた。広告の制作ではメインコピーで訴求内容をストレートに表現する一方、ボディーコピーは読者の感情に訴えた。だれもが漠然と不安を感じているときに、ラジオの「声や音」が日常を取り戻させてくれる存在であることを伝えるためだ。ビジュアルは「ながら視聴」できるラジオの特性を、ラジオと共に過ごす様々な生活シーンの写真で見せた。

掲載後、ラジオ業界から「使命感を実感した」という声や、ツイッターではリスナーからの「『ちょうどいいぬくもり。』が響いた」などのコメントがあった。5月末からブランドムービー「その音は、」をユーチューブで公開。今後もラジオの価値を発信し続けていくという。

altテキスト
「ad plus ~広告の視点~」では、日本経済新聞に掲載された注目の広告を、その狙いや目的、反響などとともに紹介しています。

このサイトではCookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。
データ収集の設定詳細は「」のリンクからご確認ください。

同意して閉じる