事例
コマツ

創業思想くむCSR 一目で

新聞
【掲載日】2020年03月25日 【媒体】日経朝刊 【段数】全15段
創業思想くむCSR 一目で
  • コーポレートコミュニケーション部長 渡辺 晃利 氏

1995年から四半世紀にわたり「生の現場を伝える」広告を続けるコマツ。3月、同社初の企業の社会的責任(CSR)広告を日本経済新聞に掲載した。ターゲットは一般読者を含むすべてのステークホルダーだ。

同社は昨年、ESG(環境・社会・企業統治)視点の経営目標を入れた中期経営計画を策定。「創業100年の思いからCSR、持続可能な開発目標(SDGs)、さらに中計までひもづけてアピールするのが狙い」。渡辺氏は掲載の理由をこう語る。

制作ではわかりやすく見せることにこだわった。それぞれの関係性を3つのCSR重点分野に分け体系化。小川啓之社長自らが発信するスタイルをとり、読者に確実にメッセージを届けるため「ブルーのイメージで統一し、図と文字のバランスは最後まで調整した」(渡辺氏)。

掲載後、社員から「わかりやすい」「うまくまとまっている」という声や、社外から「会社の方針が一目でわかる」「建機は買えないが株の購入は検討したい」といった前向きな意見が多数届いた。今後も本業を通じたESG課題解決に挑む姿勢を訴え続ける考えだ。

altテキスト
「ad plus ~広告の視点~」では、日本経済新聞に掲載された注目の広告を、その狙いや目的、反響などとともに紹介しています。

このサイトではCookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。
データ収集の設定詳細は「」のリンクからご確認ください。

同意して閉じる