コラム

本年12月、アジアのビジネスエグゼクティブへ向けた日本ガイド誌『UNLOCK THE REAL JAPAN』発行

グローバル
本年12月、アジアのビジネスエグゼクティブへ向けた日本ガイド誌『UNLOCK THE REAL JAPAN』発行

日本経済新聞社ではシティガイド紙、タイムアウト東京とコラボレートして日本の魅力を紹介する「UNLOCK THE REAL JAPAN」第2号を今年12月に発行します。次号では日本で躍動するビジネスパーソン10人が登場し、エンターテイメントやスポーツ、旅行、グルメ、ファッションなど日本での魅力的なライフスタイルについて語ります。このコラムでは、「UNLOCK THE REAL JAPAN」についてご紹介させていただきます。

「UNLOCK THE REAL JAPAN」とは?

今年3月にNikkei Asian Reviewの別冊媒体として創刊した英文メディアです。日本経済新聞社が発行するNikkei Asian Reviewと、タイムアウト東京がコラボレートし、世界を飛び回るビジネスエグゼクティブが出張先の限られた時間で有意義な体験ができるよう、「会うべき人」「訪れるべき場所」といった良質な経済・文化・人の情報をキュレートしてお届けしています。創刊号では東京で開発の進む銀座、虎ノ門、渋谷、高輪の各エリアをメーンに、横浜や大阪といった人気の街についても掲載しました。ビジネスパーソンが手に取りやすいよう国内外のホテルや空港ラウンジで配布しており、インターネットや観光案内だけでは得られない日本の隠れた魅力に触れてもらうことを目的としています。

「UNLOCK THE REAL JAPAN」次号は?

次号の「UNLOCK THE REAL JAPAN」は、本年12月にWEB版とプリント版の両方で発行予定です。10人のアントレプレナー(起業家)やビジネスエグゼクティブが登場し、日本でのビジネスと魅力について語ります。彼らのインタビューを通じて、コロナ禍の危機でビジネスをどのように対応させているか、仕事上の人脈でよく会う人・会いたい人、アジアのビジネスエグゼクティブにぜひ訪れてほしいスポットなどを紹介します。良質な情報提供により、ビジネスエグゼクティブ達の情報欲求を満たします。

「UNLOCK THE REAL JAPAN」への広告掲載は?

コロナ後の訪日観光客へも期待

 新型コロナの感染拡大に歯止めはかかっていませんが、世界の観光や旅行への意欲は衰えたわけではありません。日本政策投資銀行(DBJ)が6月にアジア・欧米豪12地域の海外旅行経験者6200人超を対象に実施したアンケートでは、8割超の人がコロナ終息後に海外旅行したいと答えました。在宅期間中にお金が貯まった人も多く、コロナ後の旅行予算は増加し、滞在日数も長期化するという回答も多くみられました。

 特筆すべきは、観光したい国・地域の回答です。2位以下の韓国、台湾、オーストラリアを大きく引き離し「日本」がトップとなりました。感染拡大前から高い人気を誇ってきた日本ですが、旅行したい理由として「買い物」「食事の美味しさ」と並んで「清潔さ」が高い評価を得ていることが分かりました。ウイルス対策などの衛生面での取り組みを期待する声が多く、コロナ終息後もこうした評価を維持できれば訪日観光客の戻りが期待できそうです。

シェアする
facebook

最新記事

このサイトではCookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。
データ収集の設定詳細は「」のリンクからご確認ください。

同意して閉じる