新聞

メディアデータ・
読者属性

(日本経済新聞とは)

経済を中心とした
総合情報紙で

世界最大の発行部数

朝刊販売部数(ABC公査)※1

2,307,849
朝刊販売部数(ABC公査)

紙面ビューアーアプリ利用者数※2

290,000
紙面ビューアーアプリ利用者数

新聞+電子版 有料購読数※3

2,988,124
新聞+電子版 有料購読数

※1 2019年6月
※2 2019年4〜6月
※3 2019年7月1日時点

経営者をはじめ
ビジネスの中核層が
支持しています

日経の読者の中心は40代を中心とする企業の中核層で、ホワイトカラー、経営・管理職が大きな割合を占めています。日経に掲載する広告は、信頼性が高いビジネス情報として読まれます。企業や商品のブランディングで他のメディアを圧倒する効果を上げます。

年代

ビジネスの中核層である40代が多い

単位: %

役職

課長・係長クラス以上の役職者が4割強

単位: %

※出典:J-READ(全国新聞総合調査) 2017年10月

所得・金融資産が
大きく、
高い購買力があります

日経の読者は高所得で、消費財から耐久財、不動産まで高い購買力を持っています。金融資産が多く、株式、投資信託など運用商品についての関心も高くなります。高額商品やこだわり商品の広告にはうってつけのメディアといえます。全国紙は日経だけを購読しているという読者は7割強になります。

世帯年収

世帯年収1,000万円以上が全体の3割強
平均910万円(全体平均680万円)

単位: %

世帯金融資産

金融資産1,500万円以上半数を占める。
平均2,420万円(全体平均1,490万円)

単位: %

※出典:J-READ(全国新聞総合調査) 2017年10月

多メディア時代に
揺るぎない信頼を
得ています

インターネットが普及して、私たちが接するメディアは爆発的に増えました。しかし行動の判断材料に使える信頼できる情報を提供しているメディアは多くありません。日本経済新聞はマクロからミクロまでの経済ニュースを中心とした信頼される報道で、ビジネスの中核層に高く支持されています。日経の紙面や電子版に掲載する広告は、BtoCにとどまらずBtoBも内容が広く、深く、伝わります。

信頼できる

単位: %

ステータス性がある

単位: %

取引先との話題作りになる

単位: %

※出典:Ipsos Global Business Influencers survey 2017

その他メディアデータ・読者属性

このサイトではCookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。
データ収集の設定詳細は「」のリンクからご確認ください。

> 同意して閉じる