デジタル

日経電子版の
提供価値:ABCD

広告媒体としての日経電子版の価値を表すキーワードは「Audience」「Branded Content」「Data」で表現できます。
このページではそれぞれを順に説明します。

Audience

経営者、若手ビジネスリーダー、富裕層などに特化したメディアはほかにも存在します。また、SNS、キュレーションメディアを活用してリーチの大きさを誇るビジネスメディアも存在します。
日経電子版の特徴はそれぞれのセグメントで、バーティカルメディアと同じかそれ以上のユーザーに支持され、しかも深い関係を築いていることです。例えば、部長以上の役職者のみなさまとは、月に7200万回ほど、お会いしていることになります。

セグメント別 月間総アクセス数...マネジメント層:71,968,773、IT導入関与者:49,590,080、中堅中小企業経営層:23,181,034

大企業における購買には、課題に直面する事業部門、直接商品情報を入手し、比較・検討のうえで提案する現場、そして提案を検討する経営層と関連部署の責任者など、多くの人がかかわっています。これらステークホルダー、とりわけ決裁者層に広く、記事を通じて定期的に接触していることにより、メッセージを伝えることができます。

日経電子版のメイン読者層

Branded Content

では、どんなメッセージなら、読者に違和感なく受け入れられるのでしょうか?その伝え方の一つとして、編集コンテンツを読むのと同じ感覚で接触できる広告コンテンツが考えられます。広告主企業の伝えたいことを、読者目線で理解し、信頼感のあるコンテンツとして発信する。日経電子版では、記者経験者を含むN-BRAND STUDIOがNIKKEI STYLEや日経BizGateといったメディアの編集にも携わりながら、その役割を担っています。

時代を超越するパテック フィリップという価値 広告主:パテック フィリップ
いざビジネス革命へ デジタル新時代に求められる企業経営とは 広告主:日立製作所
【BizGate連動】THEEDGEデジタル時代を生き抜く思考(計4回) 広告主:アクセンチュア
叶える人、叶える技術。明電舎 広告主:明電舎
男の着こなし術 広告主:三越伊勢丹
「フレックスBiz」で出張をもっと自由に! 広告主:ジェットスター・ジャパン

こうして制作されたコンテンツに接触したユーザーは、広告主企業や商品・サービスに信頼感、高級感を抱くようです。

広告掲載企業に一流と信頼をイメージ

掲載している広告企業に対して、どのようなイメージをお持ちですか?

日経電子版を信頼できる 56.8%

本資料のデータは2018年5月実施の電子版ユーザー調査に基づいたものです。
・調査方法:インターネット調査
・調査期間:2018年5月23日~2018年5月28日
・回答数:電子版読者(会員ステータスにかかわらず週に1度以上利用)1,700名、非読者1,701名(日経リサーチモニターで電子版未利用の方々)

Data

広告キャンペーンの成否は下記の4つのRightにかかっているといっても過言ではありません。Right Personを知り、メッセージを届け、その反応を知るのに日経のデータがお役に立てます。

読者と向き合う4つのR:Right Person, Right Place,Right Time,Right Message

お客様とのディスカッションをもとに、読者の日経ID属性、勤務先、日経グループメディアの記事閲覧履歴などを組み合わせてターゲットを決定、広告配信に活用します。
その後、誰に、どのメッセージが、どのくらい届いているかをこれらのデータを活用して分析・検証を実施することで、次回以降のコンテンツの内容、ターゲットの設定に活用することができます。

STEP1 ディスカッション、STEP2 データ連携、STEP3 広告PDCAの実施

このサイトではCookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。
データ収集の設定詳細は「」のリンクからご確認ください。

> 同意して閉じる