顧客理解のためのデータ活用

ターゲットに最適化した
コンテンツを拡充したい

こんな課題はありませんか?

  • 顧客獲得のための施策を打ちたいが、そもそも見込顧客に関する情報を把握できていない。
  • 自社サイトのコンテンツが不足しており、見込顧客に関するデータが十分に蓄積されていない。
  • 自社サイトのコンテンツを改善したいが、そのための判断軸となるデータが不足している。

タイアップ来訪者のビジネス属性と行動・閲覧状況を分析
自社サイトでは把握できない見込顧客の解像度を上げ
次に打つべきコンテンツ拡充の手がかりを提供します。

日経が提供するソリューション

タイアップ来訪者を日経メディアの閲覧履歴・日経ID属性により分析、興味・関心層を理解

図:日経各種メディア → ビジネス属性や行動・閲覧履歴を分析 → 分析結果に基づくコンテンツの拡充

仮説ベースの顧客像を元に、⾃社の製品・サービスに関するタイアップコンテンツを⽇経の各種メディアに展開。
来訪者について⽇経ID属性やコンテンツの閲覧状況、⾏動履歴で分析します。
⾃社製品・サービスへの興味・関心層の詳細なビジネス属性、関連する関心分野をより深く理解できます。

興味・関心層の深い理解を元に⽅針を定義することで、コンテンツのテーマやターゲットの設定、広告配信など
⾒込顧客獲得のための適切な施策の実施、⾃社サイトのコンテンツ拡充につなげることが可能です。

ソリューション具体例

大手ICTベンダーの場合

⻑年運⽤している⾃社のオウンドメディアは会員登録・ログインを前提としており、登録ユーザーに関する情報は蓄積されているものの、オウンドメディア内のコンテンツ閲覧履歴による理解にとどまっていました。また、非登録ユーザーに関する情報が不⾜していました。

そこで、⽇経電⼦版配下に長期連載タイアップを掲載。日経のタイアップからオウンドメディア内のコンテンツへ誘導し、来訪者のビジネス属性、及び日経メディア、タイアップコンテンツ・オウンドメディアの閲覧傾向によってユーザーを分析。得られたユーザー理解を⾒込顧客に向けたオウンドメディア・タイアップ双方の追加コンテンツ制作に役立てることができました。

図:分析結果に基づくコンテンツの拡充

関連記事

このソリューションについて詳しく知る

このサイトではCookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。
データ収集の設定詳細は「」のリンクからご確認ください。

同意して閉じる